従来のショットピーニング 疲労性強度向上
  1. HOME > 
  2. 精密ショットピーニング > 
  3. 疲労性強度向上
精密ショットピーニングとは? 疲労強度向上 摺動性・耐摩耗性の向上 加工事例

疲労強度向上

金属組織の微細化とクラックの除去

微粒子を繰返し高速衝突させる事で、金属表面層の残留オーステナイトのマルテンサイト化や、金属組織の微細化・硬度上昇・ 圧縮残留応力の付与により、緻密で靭性に富む組織が得られます。さらに破壊の起点になりうる材質のムラやクラックの除去が 図れるため、疲労強度を飛躍的に向上させることができます。

金属組織の微細化とクラックの除去

金属組織の微細化とクラックの除去

金属組織の微細化とクラックの除去

圧縮残留応力の付与

従来のショットピーニングよりも非常に高い圧縮残留応力の付与がかのうです。また、材質・粒子の異なるメディアを複合的に 使用する事で、表面から内部にまで高い効果が図れ、より幅広い用途に活用できます。

圧縮残留応力の付与

金属成品の摺動部の摩耗防止法(不二機販特許)(第3212433号)

WPC処理®は(株)不二機販、(株)不二製作所、(株)不二WPCの登録商標です。

前へ 次へ
  • お問い合わせ

PICK UP

展示会情報

雑誌掲載情報

研究開発

大阪ものづくり優良企業賞

堺技衆

堺環境チャレンジ

モータースポーツ